秋の古本まつり

CHIONJI-010

百万遍知恩寺で、秋の古本まつりが開催中です。

 

CHIONJI-015

境内には青空古本市が広がっています。

 

CHIONJI-020

いきなり迎えてくれたのは、萩書房さんの粋な宣伝マン。

 

CHIONJI-025

ところ狭しと並ぶ本には目を引くものがたくさんあります。

 

CHIONJI-030

鉄道関係の雑誌は、かなりのお買い得。

 

CHIONJI-035

経済界の著名人が取り上げられている本や、

 

CHIONJI-040

昭和2年刊行の継子の悲哀「怖い母さん」、

 

CHIONJI-045

明治や大正時代に出版された本もあったり、

 

CHIONJI-055

ドイツ語の本も出品されていました。

 

CHIONJI-060

絵葉書からは、数十年前の庶民の生活や名所を知ることができます。

 

CHIONJI-065

恒例のチャリティオークションも行われていました。

 

CHIONJI-070

今年は11月4日まで開催中、あなたの宝物を探しに出かけませんか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2012.04.26

    岡崎神社
  2. 2013.09.06

    花見小路散策
  3. 2012.03.02

    竹中稲荷神社
  1. デナ櫻 2013.11.04 9:11pm

    こんばんは。
    本日(11月4日)にやっと行く事が出来ました。
    古本まつりは春・夏・秋と訪問しておりますが、時期と場所で言うならば
    知恩寺が一番やと思いますね。
    まぁ、毎回絵葉書をメインに鉄分の本を覗きに行きますが、なかなか面白いですね。

    追伸 いつも思うのですが、萩書房の宣伝マンはトニー谷ですね(笑)

  2. lecouple 2013.11.04 11:03pm

    デナ櫻さん、こんばんは。
    古本まつりは春と秋が知恩寺で、夏が糺の森だったと記憶しています。
    夏のまつりが一番有名なのでは…..、でも、「しぇ~」のお迎えには笑いました。
    絵葉書、私も見ました。昔の保津川下りのものがあり驚きでした。
    そして、家族の安否が記された「軍事郵便」にはビックリでした。

CALENDER

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

THANK YOU FOR VOTING

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

FACEBOOK

POST VIEWS

CATEGORY

ページ上部へ戻る