大田神社

OHTA-001

今年も杜若の花が美しく咲きました。<撮影日:2013年5月19日>

 

OHTA-003

大田神社は、古くは恩多社(おんたしゃ)と呼ばれたこともある、

 

OHTA-005

賀茂氏の崇敬をうけた、上賀茂神社の攝社です。

 

OHTA-007

境内左方にある沢地が大田の沢で、杜若の群生地です。

 

OHTA-011

この付近の沢地は、平安時代から杜若が咲き、

 

OHTA-009

この杜若の群生地は、天然記念物に指定されています。

 

OHTA-013

杜若はこんな場所にも咲いていました。^^

 

OHTA-015

双葉葵は、上賀茂神社の攝社の証しですね。

 

OHTA-017

神山や大田の沢のかきつばた ふかきたのみは色にみゆらむ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2012.06.27

    梅宮大社
  2. 2012.06.04

    実相院門跡
  1. Katsu 2013.05.27 11:18pm

    あら、同じ日に行っていますね。ニアミスです~。
    私は7時~8時ごろにいましたよ。
    まだ灯籠の明かりがあるところをみると、私より早い時間ですかね?
    ちょっと今年は花の状態が寂しくて、あまり撮影しなかったのですが、
    大田神社のカキツバタは見ておきたいですからね。
    そういえば、大田の沢だけしか見てない・・・(-。-;)
    境内も歩けばよかったなぁ。緑が綺麗ですね。

  2. youpv 2013.05.28 5:29am

    おはようございます~。
    私もブログにはアップしていませんが
    3回ほど、時期を変えて訪れました。
    杜若といえばここですが、今年は若干
    花数が少なく感じました。
    それでも綺麗に咲く姿に癒されました(^^)

  3. lecouple 2013.05.28 5:47am

    Katsuさん、おはようございます。
    ほぼ同じ時間にいらっしゃったのですね。
    私は夫婦で6:45から約30分程だったとおもいます。
    私たち夫婦以外でもう1組ご夫婦でカメラを持たれている方は
    いらっしゃったことは解っていましたが…..。

  4. lecouple 2013.05.28 5:50am

    youpvさん、おはようございます。
    やはり、ここにも行かれていましたか。
    色々な方が今年の花数が少ないことは言われていますね。
    去年もここはブログに掲載しているので、行こうかどうか迷いましたが、
    やはり、ここは観ておきたいですよね。

  5. 雲母舟 2013.05.28 6:41am

    この時期になると、
    こちらの杜若が見たくなります。
    でも、なかなか京都には行けない。
    なので、ご紹介が嬉しいです。

  6. lecouple 2013.05.28 8:54pm

    雲母舟さん、こんばんは。
    大田神社の杜若、色々なブロガーさんが掲載されており、
    すっかりお馴染みの場所になったような気がします。^^
    京都も梅雨入りしました。
    いよいよ「雨の京都」本番で、撮影が楽しみですね。

  7. prado9991 2013.05.28 11:04pm

    こんばんは
    一番花が咲いた頃に行きましたが、花が少し少ないのでもう一度行こうと思っていましたが時期を逃してしまいました。
    早朝からの撮影、ご苦労様です。
    日中は影が強く出るので早朝の方が良いみたいですね。
    今年は少し花が少ない感じですね。

  8. lecouple 2013.05.28 11:33pm

    pradoさん、こんばんは。
    一度、10:00頃に入ったら物凄い人でしたので、
    早朝の人が少ない曇りor雨の日に行きました。
    雨と思って行ったら、晴れ間ものぞいたりでビックリでした。
    皆さん、今年は花が少ないと言われますね。

CALENDER

2019年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

THANK YOU FOR VOTING

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

FACEBOOK

POST VIEWS

CATEGORY

ページ上部へ戻る