酬恩庵一休寺

IKKYUJI-010

真四角な入口の向こうは方丈です。

 

IKKYUJI-020

京田辺の酬恩庵一休寺へ。(撮影:2016年2月6日)

 

IKKYUJI-030

一休禅師縁のお寺として親しまれています。

 

IKKYUJI-040

参道を行くと左手奥には浴室、

 

IKKYUJI-050

格子が湯気の形のようです。

 

IKKYUJI-060

後小松天皇皇子として一休禅師が眠る墓は菊花紋の奥にあります。

 

IKKYUJI-070

江戸初期の建築様式が残る庫裏、

 

IKKYUJI-075

そして朝の光が射す方丈へ。

 

IKKYUJI-080

冬の南庭は静かな表情、

 

IKKYUJI-095

丹念に手入れされている庭園です。

 

IKKYUJI-107

方丈を巡り東庭へ、

 

IKKYUJI-108

そして蓬莱庭園である北庭へ。

 

IKKYUJI-113

本堂へ向かう参道も静かです。

 

IKKYUJI-115

さらに奥には少年の一休像、

 

IKKYUJI-116

そして「とんち」の橋があります。

 

IKKYUJI-117

二十世紀の森には様々な羅漢さん、

 

IKKYUJI-118

モディリアーニの彫刻のような羅漢さんもいました。

 

IKKYUJI-119

織部型の灯籠を見つけたり、

 

IKKYUJI-124

一休さん縁のお寺は見どころがいっぱいでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017.11.28

    詩仙堂
  2. 2013.01.27

    妙蓮寺
  3. 2013.07.09

    桂離宮
  4. 2014.04.14

    法然院
  1. 雲母舟 2016.02.16 8:18am

    おはようございます!
    見どころの多い一休寺さんですね。
    浴室の湯気の形の格子が面白いです。
    織部灯籠、我が家の庭にもあるので
    嬉しくなっちゃいました。
    一休寺、いつか行ってみたいお寺さんです。

  2. lecouple 2016.02.17 6:42am

    雲母舟さん、おはよございます。
    確かに見どころ満載のお寺さんですね。
    織部灯籠がご自宅の庭にあるのですか!
    凄すぎます。

CALENDER

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

THANK YOU FOR VOTING

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

FACEBOOK

POST VIEWS

CATEGORY

ページ上部へ戻る